詐欺相談の前に確認しておきたい種類・事例・手口・方法について

詐欺相談の前に確認しておきたい種類・事例・手口・方法について

詐欺 相談

 

今も昔も「詐欺」は止まるところを知りません。昔からあるものとして「結婚詐欺」や「保険金詐欺」「寸借詐欺」「食い逃げ」などがあります。インターネットが出てき始めた時には「ワンクリック詐欺」「オークション詐欺」「フィッシング詐欺」「振り込め詐欺」など、詐欺と一口に言っても色々な種類や手口があります。

 

詐欺被害の中でも深刻なものとして「振り込め詐欺」や「フィッシング詐欺」「オークション詐欺」といった種類が挙げられます。「振り込め詐欺」はよく言われる方法ではご年配の人の家に電話で孫や警察などを偽り、犯人の銀行口座に振り込ませるといった方法です。息子や警察になりすます手口もあれば、市役所や区役所、銀行と偽り、還付金や融資金を納めるような事例もあります。「フィッシング詐欺」はインターネットサイトやEメールを使い、クレジットカードやキャッシュカードの会員番号を搾取するといった手口です。インターネットサイトやEメールの利用が多いため、被害を受ける人も増えてきているそうです。「オークション詐欺」は文字通り、インターネットオークションを利用した種類の詐欺であり、海賊版などの偽物商品を本物とだまして高価で売りつける、本物の出品者を装って料金をだまし取る手口などが挙げられます。

 

騙されないための防止法は、情報について疑い深く捉える事、あるいは支払先や販売先が本物なのか、電話やインターネットを使って住所確認を行うことも一つですが、いざ詐欺に騙されたことに気付いた場合、お金を取り戻すこともできます。騙されたことに気付いた場合、もしくは騙されそうになった時は、司法書士事務所、探偵事務所興信所や法律相談所のインターネットで相談をする事ができます。相談は無料ですることができます。泣き寝入りする前に、相談に行くと言った「たった一つ」の行動で、自分のお金が返ってくるだけではなく、自分と同じ被害者を一人でも減らすと言ったこともできますよ。